Elacosm

“Elacosm”について

そもそもスズキケンタローはコントラバス奏者、小森耕造はドラム奏者である。音色のパレットの可能性、架空の空間の広がりの暗示や異なった時間の感覚を表出させる事を目的とし、それぞれの楽器の音をデジタル技術を用いて加工している。

このプロジェクトの目的はアコースティックな音をデジタル技術をで加工しつつ、原始的、共感覚的且つ瞑想的な世界観を表出させる事。

アルバム


“Travellers”

↓関連記事↓